会社概要
社長挨拶
安全衛生委員会
東栄会
免責事項
サイトマップ
プライバシーマーク
トップ > 会社概要 > 社長挨拶

社長挨拶

 

 経済の成長と社会の発展を支えてきた物流システムにおいて、利便性と経済性を備え持つダンボールは、欠かすことの出来ないツールとして、大変大きな役割を果たしてきました。
  当社は、そのダンボールの素材となるダンボール原紙を製造する製紙メーカーとして、1966年に設立、以後、ダンボール原紙の中でも、最も軽量な『内装ライナー』を手掛けるリーディングカンパニーとして、現在に至っております。
 また、当社は創業以来、一貫して100%再生紙の製造に力を注いできましたが、近年、世界的な環境保全の見地から、再生紙の有益性が再認識され、当社の姿勢が、いよいよ社会のニーズにお応えできるものと確信しています。

 一方、個人情報や企業・団体が保有する機密情報の重要性が高まるにつれ、その取り扱いにおいても大きな関心事となっています。特に、情報の記録媒体としての紙は、デジタル媒体とは異なり、ボリューム的にも大きく、環境問題の観点からも、また経済性の観点からも、その廃棄方法を十分考慮しなくてはならなくなってきました。
 そこで当社は、情報漏洩が発生しない安全な抹消と同時に、紙の再資源化を図るため、新たな設備を完備し、機密書類等の溶解処理サービス『セキュアPM(SECURE PAPER MELTING)』を本格的にスタート致しました。おかげさまで、各方面から多数の御依頼を頂き、好評を頂いております。

 今後とも企業活動を通して社会に貢献できる企業を目指し、変革に挑戦する意志によって未来を切り拓く企業でありたいと考えております。

東栄製紙工業株式会社
代表取締役社長 高木 應浩