連続異物除去装置
熟成タワー
ウェットパート
ドライパート
ワインダー
印字装置・搬送装置
水処理
プライバシーマーク
トップ > 設備 > 水処理
設備

水処理

水処理

工場内で出た排水は、一旦水処理場にある地下水槽に集められます。そこから、水中ポンプで吸い上げられ、反応槽を通り、浮上槽に入り加圧浮上分離によって一次処理されます。次に活性汚泥処理によって二次処理が施され、きれいになった水は川へ戻されます。(一部は紙作りのため再利用されます)その際、全窒素・全りん計で排水の中に含まれる窒素とりんが測定され、又UV計で排水の中のCOD濃度と排水量が計測されます。これらの記録は、一時間単位で記録され、保存されます。当社は24時間体制で監視し、基準値を守っています。

活性汚泥処理

長時間空気を吹き込み十分な酸素を供給し、微生物群を人為的に加え排水中に存在する有機物を酸化分解、凝視、吸着、沈殿分解する最も代表的な排水、下水処理法。
この様な微生物群(バクテリア、原生動物、後生動物)の汚泥を活性汚泥といいます。

活性汚泥

バクテリアは有機物を食べ、原生動物、後生動物はバクテリア、粒子状の有機物を食べる。この様な状態を繰り返すことにより水中の有機物、粒子状物質が減少します。